×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドッグカフェとは

ドッグカフェをご存知でしょうか? ドッグカフェとは、近年のペットブームを背景に誕生した、ペットの犬(ドッグ)を同伴して入ることが出来るカフェのことです。ドッグカフェが普通のカフェとどう違うかというと、基本的には通常のカフェと変わりませんが、ペットの犬が同伴できるように工夫されています。ドッグカフェには犬を同伴して入れるので、店オリジナルの犬専用メニューなどが大抵は作られています。ドッグカフェのメニューは人間が一緒に食べても問題のないものになっていますが、犬用に作られているので、人間が食べても、味が薄かったりするようです。ドッグカフェには同じ犬好きな人達が集まるので、愛犬家同士、初対面でも話が弾んだり、ペットの犬に社交性を身につけさせることが出来るといったメリットがあります。しかし、ドッグカフェを利用する際は、飼い犬にトイレのしつけをしたり、最低限のマナーとして狂犬病や各種ワクチンの予防接種を受けさせておかなければなりません。また、ドッグカフェによっては、小型犬のみと犬種が制限されている場合もあります。

ドッグカフェのメニュー

ドッグカフェとは、ペットの犬を同伴できるカフェのことですが、現在ドッグカフェはペットブームで増加傾向です。ドッグカフェでは、人間用のメニューだけでなく、犬用のメニューもいろいろと工夫されています。ペット用のお水やおやつのクッキー、そして食事まで、各ドッグカフェには様々なメニューがあります。ドッグカフェが増えつつある今、人にも犬にも優しいメニューがよいですね。
ドッグカフェは、犬といっしょということで、飼い主も犬も快適な空間が求められています。ドッグカフェでは、ペットが小さな犬なら抱いていればいいですが、大きな犬の場合はそうもいかず、テーブルの下で待つことになります。人も犬もゆったりとくつろぐためには、テーブル間の距離が適度にあることはもちろん、全体的にゆとりの空間が望まれます。
ドッグカフェに入る場合、基本的なしつけができていれば、サービスする側としてはありがたいでしょう。飼い主としては、犬のトイレのしつけはもちろん、「待て」ができたりムダ吠えしないように基本的なしつけをしておくことが、ドッグカフェを利用する最低限のマナーと言えます。

ドッグカフェの経営

ドッグカフェで働きたいという人や、ドッグカフェを経営したいという人なども増え、ペット関連の仕事としてドッグカフェの求人情報などもよく目にするようになりましたが、ドッグカフェを経営するために必要なことは何なのでしょうか?ドッグカフェは飲食物を提供するので、開業する場合は飲食業許可が必要です。また、経営の基本的知識以外にも、犬に関する知識も必要です。これからドッグカフェを経営したいと考えている方は、これらの基本的条件に加え、「ドッグカフェは、競合店が増えている現在、他店との違いを明確にしないと生き残れない業界になりつつある」という認識も必要だと思います。 ドッグカフェのオプションとして、トリミングルームやペットホテルといったサービスを提供している場合もあります。ドッグランなども併設してあれば、リゾート地などではペット同伴の旅行客にも利用されやすいです。 ドッグカフェはペットビジネスの一つです。お客さんである飼い主と犬だけではなく、ドッグカフェで働きたい人にとっても心地よい空間作りを目指してほしいものです。

Copyright © 2007 ドッグカフェについて